お世話になりました

4月19日の投票日まで、ご支援いただいた皆さん、有難うございました。乗り切る励ましや力を与えてくださった皆さん、有難うございました。同僚を1人失いましたが、来期目指して頑張る決意でいます。私はこれからも、皆さんの声をしっかり聞かせて頂き、市民が主人公の市政作りに頑張ります。引き続きのご支援、ご指導宜しくお願い致します。

今日はコロナのせいで?ひとりぼっちのハッピーバースデー🎁です。

 

お世話になりました」への2件のフィードバック

  1. 白井浩子

    残念でした。二人とも当選を祈っていました。
    引き続き、精進お願いします。

    下記の録画、見ましたか?
    新版資本論の刊行記念講演会です。
    https://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/das-kapital.html
    ★新版『資本論』刊行記念講演会 2019年9月20日
    https://youtu.be/5jSvW91-K3M  全1時53分27  4人の発言
    <もくじ>
    ▼「ルールある経済社会」と『資本論』――新版刊行によせて
    志位和夫(日本共産党委員長) …ca.20分
    ▼21世紀のいま、なぜマルクス新版『資本論』を学ぶのか
    萩原伸次郎(横浜国立大学名誉教授) …ca.25分
    ▼新版『資本論』の特徴と魅力
    山口富男(日本共産党社会科学研究所副所長) …ca.15分
    ▼『資本論』編集の歴史から見た新版の意義
    不破哲三(日本共産党社会科学研究所所長) …ca.1時間
    聞いていて気持ちがよく、何度も聞いています。
    言葉と意味が正しく表現されていて、安心して聴いていられます。

    現在4分冊目で、全部で12分冊だそうで、楽しみです。
    現在の4分冊までは、いわゆる第一部で、
    資本主義的生産関係の基本(現状がどうかというもの)が
    叙述されます。
    まるで、現在の日本社会の状況(新自由主義に跳梁され、アベが暴走を続ける社会)を叙述しているようです。

    思い出しました。
    次も、大変分かり易く、多く人が読むといいと思われるのです。
    『財界支配 日本経団連の実相』佐々木憲昭、新日本出版社、2016.
    自分が、どういう社会に生きているのかを、きちんと承知しておくことは、ほんとうに大事なことだと思います。
    困難な中にあっても、揺れないでいられますものね。
    みんなで、どうすればいいかを考えられる。

    コロナは少し続くでしょうね。
    気をつけてください。

    下記も、聞いてみてください。

    アホウドリを絶滅から救う事業が成功して、
    (地球で40羽になったときに保護事業が始まり、
    現在5000羽になり、事業の成功と終了を宣言できた)
    その貢献者である長谷川博さんの講演会を準備する会からの
    情報です。

    イタリアの情報です。個人名を削除して、転送します。
    ーーー以下ですーーー
    皆様
     ある教え子から知り合いに回してほしいと
    つぎのようなメールがとどきました。
    ぜひこの素敵なカンツオーネを聴いて、支援してください。

    ミラノ近郊でコロナで大変な数の死傷者が出たベルガモ、
    世界遺産があることでも有名な街です。
    そのベルガモの作曲家が、医療従事者への支援と
    感謝の気持ちを込めて
    Rinascero (復活=私は蘇る)という曲を作り、
    著作権をベルガモ市民病院に寄付しました。

    Youtube等通じた再生のたびに、広告、著作権など、
    すべての収入がベルガモの医療崩壊を救うための寄付金となります。
    一人でも多く、一回でも多くYoutubeで再生して広げていただく
    ことが、現地支援になります。イタリアの医療支援になりますので、もし宜しければ、他の方にもお伝え頂けたらと思います。

    https://m.youtube.com/watch?v=D5DhJS5hGWc
    ーーー以上ですーーー

  2. 白井浩子

    当選おめでとうございます。
    二人とも当選を祈っていたので、残念ですが、また、精進してください。
    コロナで一人のお茶なの?まだ、しばらく続くでしょうが、気をつけて。
    関連で或る情報、送ります。
    怪しい情報ではありません!
    アホウドリを絶滅から救う事業が成功して、
    (地球で40羽になったときに保護事業が始まり、
    現在5000羽になり、事業の成功と終了を宣言できた)
    その貢献者である長谷川博さんの講演会を準備する会のメンバー
    からの情報です。
    イタリアの情報です。個人名を削除して、転送します。
    ーーー以下ですーーー
    皆様
     ある教え子から知り合いに回してほしいと
    つぎのようなメールがとどきました。
    ぜひこの素敵なカンツオーネを聴いて、支援してください。

    ミラノ近郊でコロナで大変な数の死傷者が出たベルガモ、
    世界遺産があることでも有名な街です。
    そのベルガモの作曲家が医療従事者への支援と
    感謝の気持ちを込めて
    Rinascero (復活=私は蘇る)という曲を作り、
    著作権をベルガモ市民病院に寄付しました。

    Youtube等通じた再生のたびに、広告、著作権など、
    すべての収入がベルガモの医療崩壊を救うための寄付金となります。
    一人でも多く、一回でも多くYoutubeで再生して広げていただくことが、現地支援になります。イタリアの医療支援になりますので、もし宜しければ、他の方にもお伝え頂けたらと思います。

    https://m.youtube.com/watch?v=D5DhJS5hGWc
    ーーー以上ですーーー

コメントは停止中です。