財政学習継続で白書づくりを

昨年末、立命館大学教授の森先生から2日間にかけて笠岡市の財政分析と財政学習の講義をしていただきました。革新懇主催です。これを受けて3月28日、今年は、学習を継続しながら市民白書作成をと自治労連岡山支部の花田さんを迎えて、第1回の集まりを開きました。なかなか難しいとは思いますが、市民レベルでも笠岡市の財政が目に見えるようになれば、住民参加の政策作りも可能になります。興味のある方はご連絡ください。樋之津携帯090-2862-4774まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です